The japanese-holidays package

[maintain]

Please see README.md


[Skip to ReadMe]

Properties

Version0.1.0
Dependenciesbase (>=4.7 && <5), time (==1.5.*) [details]
LicenseBSD3
Copyright2015 TANIGUCHI Kohei
AuthorTANIGUCHI Kohei
Maintainera.d.xvii.kal.mai@gmail.com
CategoryTime
Home pagehttp://github.com/cohei/japanese-holidays#readme
Source repositoryhead: git clone https://github.com/githubuser/japanese-holidays
UploadedSun Jun 5 17:06:23 UTC 2016 by cohei

Modules

[Index]

Downloads

Maintainers' corner

For package maintainers and hackage trustees

Readme for japanese-holidays-0.1.0

Japanese Holidays

CircleCI

ある日付が、どの日本の祝日にあたるかを判定します。 http://www.h3.dion.ne.jp/%7Esakatsu/holiday_logic.htm を Haskell へ移植しました。

This library, which is translated from http://www.h3.dion.ne.jp/%7Esakatsu/holiday_logic.htm to Haskell, identifies Japanese holidays.

著作権表示 Copyright

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
_/
_/  CopyRight(C) K.Tsunoda(AddinBox) 2001 All Rights Reserved.
_/  ( http://www.h3.dion.ne.jp/~sakatsu/index.htm )
_/
_/    この祝日マクロは『kt関数アドイン』で使用しているものです。
_/    このロジックは、レスポンスを第一義として、可能な限り少ない
_/    【条件判定の実行】で結果を出せるように設計してあります。
_/    この関数では、2016年施行の改正祝日法(山の日)までを
_/    サポートしています。
_/
_/  (*1)このマクロを引用するに当たっては、必ずこのコメントも
_/      一緒に引用する事とします。
_/  (*2)他サイト上で本マクロを直接引用する事は、ご遠慮願います。
_/      【 http://www.h3.dion.ne.jp/~sakatsu/holiday_logic.htm 】
_/      へのリンクによる紹介で対応して下さい。
_/  (*3)[ktHolidayName]という関数名そのものは、各自の環境に
_/      おける命名規則に沿って変更しても構いません。
_/ 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/